×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

全体染めと部分染めについて

全体染めと部分染めについて

自分で白髪染めをするときの知識として、白髪染めを大きく分けると、「全体染め」と「部分染め」があります。
読んで字の如く、全体染めは髪全体を染色すること、部分染めは気になる部分を部分的に染めることですね。

 

この2つの方法を上手く使い分けることにより、髪と頭皮の負担を軽減することができます。
では、それぞれの特徴について説明いたします。

 

 

全体染めの場合、薬剤が髪全体に馴染みやすいタイプの商品を選ぶといいでしょう。。
こちらは、塗りやすさがポイントになりますので、液タイプや乳液タイプ、泡タイプなど、全体的にムラもなく塗布できる商品がオススメです。

 

最近は、シャンプーやトリートメントタイプなど、洗髪しながら自分で白髪染めができる、大変便利な商品も販売されています。
髪や頭皮にかかる負担も格段に少なくなっているので、こちらもとても人気があります。

 

 

部分染めの場合は、液ダレをしてしまったりすると染めたくない部分まで染まってしまうので、液ダレしにくいタイプの商品を選ぶとよいでしょう。
種類としては、クリームタイプがオススメです。
髪にしっかり密着し浸透するので、部分的にしっかり染め上げることができます。

 

 

生え際にはリタッチ!

 

白髪染めで一番の気になるポイントは、生え際の白髪です。
がんばって染めても、髪ってすぐに伸びてしまいますよね。
黒髪のプリン状態も見た目が残念ですが、白髪だとさらに目立ってしまうので大変です。

 

しかし、その度に全体染めをしていたら、髪に多きなダメージを与えてしまいます。そんな時は、リタッチという方法がオススメです。

 

リタッチとは・・生え際のみを染める、部分染めの名称です。しかしやり方はとっても簡単♪気になる生え際に薬剤を塗るだけでオッケーです!

 

 

ただ気をつけていただきたいのが、放置時間です。
生え際は頭皮の温度で染まるスピードも速くなるので、状態を見ながら染めるようにしてください。
また、染めムラが起こりにくいリタッチ専用の商品も販売されているので、そちらを使うのもよいでしょう!